人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Akira Tana & Otonowa Dizzy's Club New York

Akira Tana & Otonowa will be performing at Dizzy's Cub tomorrow! I am very excited!!

東日本大震災、熊本の地震後に毎年被災地を訪れ演奏されているグループOtonowa(音の輪)。メンバーがサンホゼから集まられて、日付が変わり今日、New YorkのDizzy's Clubにて演奏されます。

NY3月10日(日本現地3/11) Otonowaのメンバーとお会いして、被災地、仮説住宅で演奏された時に、「故郷」を演奏、そして観にこられた方が一緒に涙流しながら歌われていた事。津波で流された瓦礫の中に篠笛があり壊れた部分を修理され、Saxを弾かれている Masaru Koga さんに託され、今も思いを引き継がれ、ライブやレコーディングで演奏されてること。日本ツアー中に、ピアニストArt Hiraharaから被災地での演奏や出会った方々との話を時折、涙こらえ、嗚咽しながらも、私に話してくれた事もあり、色々な思いが溢れてメンバー皆さんとの話に涙がでて胸がいっぱいになりました。メンバーの皆さんの優しさと、メンバーを囲む方の家族のような一体感。Otonowaの音の輪で人と人と想いが一つになってゆく。3.11思うことが沢山ありすぎて、何も書けずにいました。

ずっと生で聴きたかったOtonowaのNY公演
今日はとても楽しみです。
NYにお住まいの皆さま是非!

Akira Tana & Otonowa
https://youtu.be/Fa6vLVpCjug
By Sara Pettinella

http://www.jazz.org/dizzys/events/7217/akira-tana-and-otonowa/

Akira Tana & Otonowa

Akira Tana (founder/drums)
Art Hirahara (piano)
Masaru Koga (woodwinds) サックス 尺八
Noriyuki Ken Okada (bass)

◆ Dizzy's Club Coca-Cola
Broadway and 60th Street
5th Floor

Set Times*
7:30 & 9:30pm
Cover:$35 Student: $20

Reserve by phone
212-258-9595
In person after 6pm


Akira Tana & Otonowa Dizzy\'s Club New York _a0150139_13462215.jpg
岩手にある 風の電話
Akira Tana & Otonowa Dizzy\'s Club New York _a0150139_13442399.jpg
Akira Tana & Otonowa Dizzy\'s Club New York _a0150139_15295740.jpg
10/17/2016の香川ライブ後のFacebook 記事

香川県坂出市のきまぐれ Goshでのライブ!
お母さんが佐賀出身で、小さな頃から赤とんぼを子守唄にアメリカのサンホゼで育ったピアニストArt。
日本に帰り赤とんぼ弾く時に、欠けていた自分の一部が一つに完成させらる気がすると言う。

打ち上げで皆が個々に話しをしだした時に、Artが私の後ろにきて話しだしました。

「今回、otonowaのグループで東北ツアーした際に、岩手にある「被災者の心の助けに」との思いから設置された風の電話を訪れた。

「風の電話」では、亡くなられたり、行方不明になっているご家族やご友人と、もう一度言葉を交わしたいと願う人々が、受話器を握り思いを伝える。
電話機の横には「風の電話は心で話しす。静かに目を閉じ耳を澄ましてください。風の音が、又は浪の音が、あるいは小鳥のさえずりが聞こえたなら、あなたの想いを伝えて下さい」と記されていた。

自分も亡くなられた家族、ご先祖様にメッセージを書いた。だから赤とんぼがこの間、坂出の神谷神社で、自分の指にとまった時に、メッセージを受け取ったご先祖様が帰ってきてくださった気がする」

Artの話す様子がおかしいと思ったら、東北で演奏し、風の電話に、遺族がなくなられた方のお話しをききして、残された方々の思いに感情的になって、目を赤くして嗚咽を我慢しながら言葉を時々詰まらせら涙を流していました。

こんなに泣いたArtを初めてみました。

東北での演奏、風の電話、遺族の方々へ馳せる思い、赤とんぼの故郷といわれる坂出市にある、日本一古い神谷神社に訪れた際に、赤とんぼがArtの人差し指にとまって離れなかった事。先祖が帰ってきて何かを伝えにきてくれたのだろう、今回の日本ツアーは一生涯忘れられないものになったと言っていました。

打ち上げでそのArtの思いを皆さんに伝えました。そしてライブに続きartが「赤とんぼ」を再度弾いてくれました。

皆で色々な思いを馳せながら、Artのピアノに聴き入りました。涙を流しながら、色々な思いをむねにGoshの皆と同じ空間を共有できた事は、私にとっても忘れられない思い出になりました。
石風鈴がきれいに音を立てていました。

全てお世話をしてくださったgoshオーナーNobさん、ゆみえ、音響よっちゃん、なっちに、田岡くん、joe くんにGoshの皆にいくえさん、そしてTomoちゃん、本当に有難うございました。香川県の皆さんに本当にお世話になりました。

眺めが綺麗だよと、Nobさんお勧めで高松から神戸までフェリー。別れが更に辛かったです。

香川の皆様、本当に有難うございました。
沢山の思い出をむねに、今宵は大阪Mr.Kelly'sで19:30から演奏で、明日は東京body and soulです。

旅に、笑顔と涙、思い溢れます。
金木犀の匂いがしてきました。
Akira Tana & Otonowa Dizzy\'s Club New York _a0150139_15334013.jpg

by erikajazz | 2018-03-13 15:25

ジャズボーカリスト ERIKAのNEWYORKでの生活で、音楽を通じて感じる事を綴った日記