人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ご無事でありますように・

九州地方の川の氾濫に尊い命をなくされた方がたに哀悼の意を表し、甚大な被害

を受けられ、非難している皆さんにお見舞いをもうしあげます。

14日のニューヨークのお昼過ぎに、いつもツアーをサポートしてくれているマッキーから

写真と連絡があり、母校、山門高校の付近が矢部川の決壊で、大雨、大洪水で、凄い状態になっている

とメールがきた。

心臓がバクバクして、息ができない圧迫感がはしった。

家族は大丈夫か、友達は大丈夫か。

家に電話しても誰もでない。メールしてもすぐに返事がこない

夜があけないと連絡がとれない状況に たまらない気持ちになった。

大震災のときもそうだった。アメリカで24時間、凄い映像がながれ、次から次へ、きつい情報がなが

れ、母国から遠いところにいる自分、すぐに帰る事ができない、何もできない歯痒さに、きつかった。

写真がフェイスブックにアップされるたびに、信じられなかった。

朝になってやっと母と連絡がついた。すぐに電話して、母、妹と、甥っ子と話した。

本当にほっとした。自然災害で家族がみんないなくなったら、とおもったら、もう生きた気がしなかっ

た。50メートルちょっと先の矢部川の決壊で、水がごうごうと流れだし、うちの家の前の道路は

水かさが腰まであって、濁流ですごかったと。家は少したかいところにあるので、床上浸水はしなかっ

たものの、横にあった小屋が水びたしで、泥まみれだったと。

お父さんが近くの小学校に避難。母は、仕事場から帰宅できなかったと。

山の近くに住んでいた方屋は約30人土砂崩れで命をひきとられたとのこと。

農家の方も田植えがやっと終わったばかりというのに、愛情こめて育てた農作物がすべてだいなしに

なった事をおもったら、どんなにきついかと、たまらない気持ちになった。


尊い命をなくされた方、被害に遭われた方、本当お悔やみ、申し上げます。

遠くはなれたアメリカで、母国が大変なめにあっているのに、

すぐに帰れない、何もできない状況が、本当に申し訳けないです。

皆さんがご無事でありますように。
by erikajazz | 2012-07-18 16:23

ジャズボーカリスト ERIKAのNEWYORKでの生活で、音楽を通じて感じる事を綴った日記