人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ニューヨーク ブルーノートのライブ最高でした!

昨日のBLUE NOTEのライブ、雨にもかかわらず、2ステージ入れ替えで、150人くらいの人がきてくださいました。今回忙しすぎて、人生でも感情的になってUPDOWNしていて、プロモーションもほとんどできず、本当に来てくださるか当日まで心配でしたが、本当にほっとしました。

ステージでは、素晴らしいミュージシャンとのりのいいお客様とで最高の時間を楽しめました。
たまらない瞬間がたくさんありました。今、レギュラーで活動しているミュージシャンは本当に気が合い、リハでも常に笑いすぎておなかがよじれそうなくらい、楽しくて、ステージの上でも本当に心地よく歌うことができ、出会いに感謝しています。
今回はパウロも参加で、音にあつみがあり、最高に歌ってて楽しかったです。

前日のリハーサルでSAXのパウロに一年ぶりにあい、いろいろ話して、ブラジルにいった思い出とか、昇華されているとおもった思い出がすべてでてきて、涙がぼろぼろでました。相変わらず愛情深い、人間くさいパウロでした。のんびり屋で、リハの後、ご飯食べたり、お茶のんでたときに、友達に明日BLUE NOTEで演奏する、夜10:30からとか電話でいってて、そのときに、初めて彼が夜演奏すると勘違いしているのに気づきました。おい!明日は朝からだよ!と愛嬌のある坊主あたまをたたきました。いつもおとぼけです。あんた昼、演奏に間違えてこんかったら絶交やったよ!と笑いあいました。

数日前にはNYの親友FATIMAに電話で、えりかはいつも何か悩んでいたり、ひとつのことにとらわれていると、うわのそらで、心が心にあらずになって、自分がいてほしいときや、一緒に気持ちをシェアーしたいときに、ココに魂がいないと、すごい感情的にフラストレーションを伝えられて、2日前の夜はよくなきました。彼女も彼氏ができて、話をきいてほしいときに忙しかったりして私も、同じ風に感じことがあるというというと、エリカはなんで気持ちを抑えて、そのさびしい思いを自分にいってくれないのといわれ、なんともいえない気持ちでした。

ブルーノート前は疲れている上に、やめてくれとはじめおもい、昔はそれに対抗して喧嘩して自分を守ることに必死でしたが、そんだけ思っていてくれてると話し込んだ後は、愛を感じ落ち着きました。しかし精神的にぎりぎりでした。とにかく毎日の昼の仕事と、3日前の夜もレストランでカールトンとライブがあったし、朝7時おきの夜ライブ12時まで働きづめで、本当に感情的な毎日なのに、その気持ちに自分を見つめなおす時間がなく、常に頭がぼーっとしていました。

当日は雨がじゃんじゃんふってて、アレルギーで目が赤くなったり、朝9時から髪の毛をセットしてもらいながらも、BLUE NOTEのことや、いろいろな感情がかけめぐり、不安で泣きそうでした。

しかしそのフラストレーションや、不安な気持ちもステージに上がれば飛んで、その感情がすべて音楽に注ぎ込まれました。日々抑えている思い、感情、音楽を奏でるとき、それが解き放たれます。音楽があるから生かされています。この会話の手段がなくなったら本当に自分はバランスをとれなくなると、歌えることに感謝です。

オルガンのあきこさんと、自分のメンターでもあるオルガンの巨匠、ドクターロニースミスもかけつけてくれて、本当に嬉しかったです。

なぶちゃん、あけみ、まさこ、SOFIAときわ荘おなじみの家族が前にいてくれて、心強かったです。たくさんの花束、そしてプレゼントをいただきました。
たくさんの方々が、楽しかったーとすごい笑顔でいってくださり、泣いていた方もいて、私もその思いに感動して、泣けてきました。たくさんブラジリアンの観光客の方もいて、ポルトガル語で話かかけてきてくれました。

パウロの携帯がVERA CRUZの終わりのほうでなったり、ESSIETが時間間違えて2ステージ目おくれて登場したり、たくさんハプニングありましたが、それも含めて大笑いで、楽しいライブになりました。

生きててよかったーと思える瞬間、ステージで、音楽を通して最高にわかりえるミュージシャンと最高の観客の人たちの歓声とで、化学反応が起こり、とても楽しいライブになりました。本当に忙しい中、駆けつけてくださった皆さん、本当に有難うございます。心から感謝しています。
朝9時から最後まで頭やMAKEをセットしてくれたSHINくん、有難う!
そして、ビデオどり、写真をとってくれた、まこっちゃんに、JANIS本当にいつも有難う、風邪ひいって死にそうになりながらも、一生懸命なブラザーに感動しました。
一人一人の思いで今回のBLUE NOTEのらイブを無事におえることできました。
有難うございます。

明日から日本です。7月帰るときは、カールトンと東京、大阪、名古屋、そして東北でのライブも企画中です。
今回は一人で帰ります。お時間のあられる際には、どうぞ宜しくお願いします。

ERIKA BRAZILIAN JAZZ JAPAN TOUR WITH 緒方裕光  SPRING 2011

5月20日(金)
KBCラジオ
★RADIO出演
PAO-N のゲスト
15時35分~

5月20日 (金)
River Side Jazz Club
福岡市博多区中洲3-7-34 2F
◆ERIKA (vocal) 緒方裕光 (guitar)
◆開演 20:00
◆予約¥3,000 当日¥3,500
◆092-281-6843

5月21日 (土)
カプリス
柳川市下百丁24-3第2園田ビル4F・西鉄柳川駅前
◆ERIKA (vocal) 緒方裕光(guitar)
◆18:30開場、19:00 開演¥3000(1ドリンク付)
◆問合せ先〔合島)090-4340-5181


5月25日(水)
◆ERIKA BRAZILIAN JAZZ JAPAN TOUR - SPRING 2011
~at cabaret BAHIA~
〒860-0845
熊本市上通町10-6-2F
◆ERIKA (vocal) 緒方裕光(guitar)
◆オープン19:30 pm~スタート20:30pm [2セット]
◆料金 ¥3,500- [ドリンク、食事は別]
◆TEL 096-323-8061

5月28日 (土)
Jazz In New Combo
福岡市中央区渡辺通5丁目1-22
◆ERIKA (vocal) 緒方裕光(guitar)]
◆開演 20:00
◆予約¥3,000 当日 ¥3,500
◆TEL 092-712-7809

5月29日(日)
フェリーシア 熊本
東北震災のためのチャリティーコンサート
〒860-0844 熊本県熊本市水道町1-19ヴィラージュビル2F
◆ERIKA (vocal) 緒方裕光(guitar)  
昼の部14:00~17:00 ERIKA (vocal) 緒方裕光(guitar) 
アーティスト多数出演
夜の部 18:00~21:00 
昼の部 、夜の部 各ワンドリンク付き 2000円
通し券ワンドリンク付き3000円。
食べ物 別
◆TEL 096-354-7539

5月29日 (日)
After Hours Ban
福岡県久留米市東町32-3
◆ERIKA (vocal) 緒方裕光(guitar)
◆開演 19:00
◆¥2,500
◆要予約 0942-32-7285

6月4日(土)
Making The Road~はじまりのはじまり~
ジャズライブ&トークショウ
◆ERIKA(vocal)  緒方裕光(guitar)
◆開場 13:15~
◆開演 14:00 45分の2ステージ
◆入場料は、中高生500円、大人2000円 
予約 080-3220-6432(荒巻)
◆場所 小川楽器柳川店ホール
 832-0023 柳川市京町58-9

6月5日(日)
ピアノ
〒740-0018
山口県岩国市麻里布町6-4-1住田ビル4F
◆ERIKA & RISA (vocal) 山本ヒロユキ (piano)
◆開場 18:30 開演 19:00 
◆¥3,000 ワンドリンク付
◆要予約 0827-24-8118
6月6日の夜にNYに帰ります。

7月にブラジリアン ドリーム ライブを計画 NYです!
ボーカルにCHIEKO HONDA, YUKO ITOとNEWYORK一の
ブラジリアンバンドとのコラボレーション 
詳しくは、HPの英語の方のスケジュールをチェックお願いし
ます!最新の情報が載っています!
7月中旬から下旬までまた日本でツアーです。

8月10日(水)
Miles Cafe New York
8:30pm-10pm $20 1ドリンク付き

ERIKA (vocal)
Juancho Herrera (guitar)
Patrice Blanchard (bass)
Harvey Wirht (drums)

ニューヨーク ブルーノートのライブ最高でした!_a0150139_312345.jpg

左からパウロレビ(SAX)カールトン(ピアノ)JUANCHO(ギター)そしてオルガンの巨匠ドクターロニースミス
ニューヨーク ブルーノートのライブ最高でした!_a0150139_3191684.jpg

2セット目のラスト、最高でした
ニューヨーク ブルーノートのライブ最高でした!_a0150139_3203631.jpg

オルガン奏者、世界でTOPのドクターロニースミスがみにきてくれました。
ニューヨーク ブルーノートのライブ最高でした!_a0150139_23593793.jpg

by erikajazz | 2011-05-17 03:12

ジャズボーカリスト ERIKAのNEWYORKでの生活で、音楽を通じて感じる事を綴った日記