ジャズボーカリスト ERIKAのNEWYORKでの生活で、音楽を通じて感じる事を綴った日記


by erikajazz

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ニューヨーク
ジャズ
音楽
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

フォロー中のブログ

日々のテーブル、あちらとこちら
ERIKA World ...

最新のコメント

また夫婦で会いに行きます..
by 小野 滋 at 10:45
初コメ2回目です。ウーマ..
by みみ at 02:31
初コメです。私もアメリカ..
by みみ at 02:12
泣きました。 ERIK..
by yokko at 16:46
見たばい。
by おいしゃん at 13:21
ウーマンオンザプラネット..
by いずみ at 23:52
城谷さん 石とともにニュ..
by ERIKAJAZZ at 05:34
Waooooo‼︎‼︎ ..
by chiezo at 21:43
Feel, Think,..
by someone at 22:48
エリカさん、はじめまして..
by ぐり at 09:51

メモ帳

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
venusgood.co..
from venusgood.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ERIKA New Albu..
at 2017-08-10 07:00
Happy Birthday..
at 2017-07-20 01:25
7月12日のニューヨークCl..
at 2017-07-15 05:56
ニューヨークMAT地下鉄A ..
at 2017-07-15 03:30
春のツアーの御礼, New ..
at 2017-07-03 05:51

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

メイク・コスメ
音楽

画像一覧

<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

TRAVESSIA/ Milton Nascimento

1/27のジャズクラブKITANOでのライブ最高でした!!
最高のミュージシャンと最高のオーディエンスと、本当に幸せな時間でした。
歌っている瞬間に、はーこれ以上の幸せはないと思える、生きる!という瞬間がたくさんあり、本当に楽しかったです。トークも自然にいけたので、お客さんがかなり爆笑していて、歌もトークも楽しかったとたくさんの人にいっていただいて、本当に、いいライブになりました。このバンドを日本につれていきたいとひしひし思いました。ライブはお客さんと作り上げるものだけに、盛り上がると最高のものになります。

写真もありますので、火曜にエピソードと一緒に写真をUPしたいと思います。
昨日誕生日でした。日本からは、プレゼントがたくさん送られてきてきました。

今日、明日、と昼夜、ご飯に連れて行ってもらいます!ライブにきてくれたミュージシャンのこが、自分のライブがよかった、その中でもTRAVESSIAのMILTONの曲の歌詞の意味を教えてくれというので、もう一度、自分で思い返した。
歌っているときは、その曲を英語で、ポルトガル語でそのまま歌っているので、その瞬間のフレーズフレーズ意味がわかってうたているのだけど、全体を見直すと、ますますこの曲に魅了される。

いい曲に出会うというのは、恋に落ちると同じだ。
出会い。
曲を思うたびに切なくなり、歌うたびに涙が出る。
DJAVANの OCEANや、ジャズスタンダードの I COULD HAVE TOLD YOUもそのひとつ

音楽は素晴らしい。歌で、いろいろな感情を歌で表現できることに感謝します。
そうでなかったら、いろいろな感情が体に渦巻いて、こうやって普通に生活できる状態ではないかもしれないです。有難うございます。歌うことは呼吸をするとおなじことで、本当に自分にとって大切なこと。



Travessia(bridges)  Milton Nascimento

Quando você foi embora
fez-se noite em meu viver
Forte eu sou mas não tem jeito,
hoje eu tenho que chorar
Minha casa não é minha,
e nem é meu este lugar
Estou só e não resisto,
muito tenho prá falar
Solto a voz nas estradas,
já não quero parar
Meu caminho é de pedras,
como posso sonhar
Sonho feito de brisa,
vento vem terminar
Vou fechar o meu pranto,
vou querer me matar

Vou seguindo pela vida
me esquecendo de você
Eu não quero mais a morte,
tenho muito que viver
Vou querer amar de novo
e se não der não vou sofrer
Já não sonho, hoje faço
com meu braço o meu viver




○英語の歌詞

I have crossed a thousand bridges
In my search for something real
There were great suspension bridges
Made like spiderwebs of steel
There were tiny wooden trestles
And there were bridges made of stone
I have always been a stranger
And I've always been alone
There's a bridge to tomorrow
There's a bridge from the past
There's a bridge made of sorrow
That I pray will not last
There's a bridge made of colors
In the sky high above
And I think that there must be
Bridges made out of love
I can see her in the distance
On the river's other shore
And her hands reach out in longing
As my own have done before
And I call across to tell her
Where I believe the bridge must lie
And I'll find it
Yes, I'll find it
If I search until I die
When the bridge is between us
We'll have nothing to fear
We will run through the sunlight
And I'll meet her halfway
There's a bridge made of colors
In the sky high above
And I'm certain that somewhere
There's a bridge made of love


○ポルトガル語歌詞の和訳(引用)
Travessia―ひとすじの道

あなたが去っていって
僕の人生は夜になった
僕は強いはず。
だけれど、どうしようもないんだ。
この家はもう僕の家ではない。
この場所も僕の居場所ではない。
僕は孤独。もう耐えられない。
語りたいことがたくさんあるんだ。

道の真ん中で大きな声で叫ぼう。
僕の道は石ころだらけ。
どうして夢などみていられるだろう?
夢は風。
風は止むときが来る。
泣くのはやめよう。
死にたくなるから。

僕はこうして生きている。
君を忘れようと勤めながら。
もう死にたいとは思わない。
生きて、やりたいことがみつかったから。
また誰かを愛したくなるだろう。
もし、愛が報いられなくても
もう苦しんだりはしない。
もう夢はみない。
これからは、自分のこの手で
人生を切り開いていくんだ。


○英語の歌詞の和訳(引用)

リアルな何かを探し求めて
僕は千もの橋を渡ってきた
鉄線を蜘蛛の巣みたいに
張ってある吊り橋もあった
小さな板切れの橋もあった
固い石で出来た橋もあった
僕はどこでもヨソモノで
いつでも一人っきりだった

明日につながる橋もある
過去につながる橋もある
続いて欲しくないような
哀しみで出来た橋もある
頭の上の空には虹という
輝く色で出来た橋もある
僕は祈る、どこかに
愛で出来た橋がある事を

川の向こう岸に誰かいる
遠く離れたところだけれど
昔の僕のように何かを求め
その人は手を伸ばしている
僕は大声で彼に呼びかける
「その橋はきっとあるよ
 僕は見つけるつもりさ
 そうさ、必ず見つかる
 死ぬまで探し続ければね」

人々をつなぐ橋さえあれば
何も言葉にしなくても良い
日を浴びて走っていけば
橋の上で出会えるのだから
頭の上の空には、虹という
輝く色で出来た橋が架かる
それなら、どこかにきっと
愛で出来た橋もあるはずさ
[PR]
by erikajazz | 2011-01-30 22:38 | Comments(4)

THE KITANOでのバースデーライブ!!!

いよいよあさって、今週の木曜日、年に一度のTHE KITANOでのライブになります。
素晴らしいメンバーです。今回は若手でラテン界で一押しのギターリスト、ホアンチョをゲストに迎えての豪華メンバーです。
お時間のある方は、ぜひ宜しくお願いします!1月29日が誕生日なので、バースデーライブになります。
去年は、80人くらいのキャパに入れ替え制で2セットとも満席になりました。立ち見までで沢山の方が見に来てくださいました。今日も明日も雪で、当日もどうなるかわからないですが、はりきって、思いを伝えて、楽しいライブにしていきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

a0150139_7585320.jpg


This Thursday!!! January 27 (Thursday) 8pm and 10pm 2 set
ERIKA Matsuo (vocal)
Carlton Holmes (piano)
Juancho Herrera (guitar)
Essiet Essiet (bass)
Willard Dyson (drums)

No cover, $15 minimum drink and food per person, per set
Please make a reservation in advance~!!
Telephone: 212-885-7119

The Kitano
http://www.kitano.com/
Location:
66 Park Avenue [Southwest corner of 38th and Park Avenue]
New York, NY, 10016
[PR]
by erikajazz | 2011-01-26 08:00 | Comments(2)

PRINCEのライブマディソンスクエアーガーデン

PRINCEのライブに招待されましたー。
お友達が、バースデープレゼントにとPRINCEのチケットを!みにいきたーいとおもっていたので、むちゃくちゃ嬉しかったです!!

ライブステージも綺麗で、素晴らしかったです。
マディソンスクエアーは二回目で初めていったのはビョークのコンサートです。
二人とも、エネルギーが凄い!
プリンスのギターソロは本当に凄まじかったです。歌のフレーズもギターソロのようで、パワフルでした。
思ったより、本当に慎重がちいさい。
雑誌にハーレーにのった姿をうつしたいと、小さいハーレーを特注して、自分が小さくみえないようにしたと逸話もある凄いPRINCE!熱狂的な黒人のファンが回りにいて、凄い勢いではしゃいでいました!
さすがPRINCE 

アメージング!
a0150139_9343598.jpg
a0150139_935653.jpg
a0150139_9353271.jpg

[PR]
by erikajazz | 2011-01-18 20:00 | Comments(0)

ローリンヒルのライブ 最高でした。

1月5日に、フージーズで凄いヒットをだした、ボーカリスト、ローリンヒルのライブがニューヨークのBLUE NOTEでありました。あの、ローリンヒルがBLUE NOTEで???マディソンスクエアーガーデンなどキャパが大きいコンサートホールでするくらいのアーティストが、BLUE NOTEキャパのライブハウスでのライブとは!!と凄くビックリして、友達と即効チケットを取りました。友達がお昼12時からチケット販売を、11時50分にはネットではやおしして購入しましたが、他の友達もいきたいといったので、12時少し回ってクリックしたら、もう完売でした。

そして、3日前に、夜8時からのライブが夜11時になりましたとネットで連絡がはいり、友達と8時に現地へ、
食べて飲んで11時になるのを待つ。しかしローリンは現れず、さすがデぃーバ!でてきたのは12時半くらいでした。しかし、ローリンを1メートルくらいでみて、感動もひとしお!!ロックと、ラップと、歌と、最高でした。人生で指折りの素晴らしいライブで、胸が凄くたかなりました。最高!!!!
彼女のラップは凄かった、ラップあり歌ありで、凄いパワフルなSHOWでみんなスタンディングで歌い始めて、あんな熱狂的なBLUE NOTEでのライブは初めてです。ライブ終わったの、夜中の2時でした。

アメージング!!!
a0150139_9255624.jpg
a0150139_927549.jpg

[PR]
by erikajazz | 2011-01-05 20:07 | Comments(2)